お金借りるならどこ?今すぐ即日急ぎで借りたい時は

「明日急にお金が必要」 誰しも経験のあることだと思います。

 

消費者金融って本当に借りられるの?と思っている方は多いと思いますが、収入があり、他社での借り入れがなければ、まず断られることはないでしょう。

 

即日融資が可能なキャッシングは色々ありますが、一番良いところはどこだろう?あまりにたくさんあると悩みますよね。
急いでいるけど確実に一番良いところで借りたい!という方のためにこれだけはおさえておいた方が良いポイントを解説!

 

まとまった金額にオススメの銀行系カードローン

まとまったお金、つまり高額融資が必要なカードローンには、銀行系カードローンがオススメです。
銀行系は低金利でキャッシング可能なので、返済に時間がかかる大きな金額の時ほど、銀行系カードローンを利用することをオススメします。

 

三井住友銀行グループのモビットは、10秒簡易審査で結果がわかり、即日融資も可能。

 

特に、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていれば、Web完結申込(ネットだけで申込→電話や郵送無しで利用が可能)ができます。

 

三井住友銀行グループのモビットは、高額融資にも向いており、金利も低いので安心して借入可能。

 

最高限度額が800万円と大きな金額でもスムーズに借入可能で、20歳〜69歳の定期収入のある方にオススメです。

 

三井住友銀行グループのモビット
三井住友銀行グループのモビットは、金利年3.0%〜18.0%。申し込みから借入・返済も全てWEBで行えるので忙しい方にも便利です。

 

また、口座開設不要なので、急にお金が必要なときでもすぐに借りることができて助かります。

 

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていれば、Web完結申込ができるのが人気です。

実質年率 融資額 審査時間
3.0%〜18.0% 800万円 10秒簡易審査表示
返済方式 必要書類 担保・連帯保証人
借入後残高スライド元利定額返済方式

運転免許証・健康保険証等の写し現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し

不要

 

 

オリックス銀行カードローンは高額融資に向いており、金利も低いので安心して借入可能
また、最高限度額が800万円と大きな金額でもスムーズに借入可能ですので、30代〜50代の方には特にオススメです。
アルバイトやパートでキャッシングできるところもありますが、オリックス銀行カードローンは自営業やサラリーマンなどに人気のカードローンです。

オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンは、金利年1.7%〜17.8%に金利引下げ!申し込みから借入・返済も全てWEBで行えるので忙しい方にも便利です。

また、口座開設不要なので、急にお金が必要なときでもすぐに借りることができて助かります。
まとまったお金が必要な30〜50代の方に特にオススメです。
また、お急ぎではなく、じっくり検討・計画している方の借入目的で高額融資を探している方にも十分な限度額。主婦やアルバイト・パートの方よりも、収入のある自営業者やサラリーマン、公務員の方に人気のカードローンです。
※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

実質年率 融資額 審査時間
1.7%〜17.8% 最高800万円 最短即日審査

 

返済方式 担保・連帯保証人
借入後残高スライド元利定額返済方式 不要

 

プロミス
最短即日利用ができる大手消費者金融のプロミスは、審査回答時間が最短30分と急いでいる方に人気のキャッシングです。夕方や夜、週末の土日などでも契約が可能なので、いつでも必要な時にお金を借りることができて便利。

 

特に急ぎの場合は、審査の前にWEBで自己診断できる「3秒診断」で審査結果を確認し申し込みをするとスムーズに審査を受けることができます。とにかく急ぎの方に嬉しいプロミスは、来店不要で即日融資が可能な安心の消費者金融です。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

実質年率 融資額 審査時間
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短30分

 

返済方式 担保・連帯保証人
残高スライド元利定額返済 不要

 

一番良いところでキャッシングするための3つのポイント

金利の安いところでキャッシングすること

金利は会社だけでなく、借りる金額に応じても変化します。
消費者金融の金利が、○○%〜△△%という記載になっているのはそういう理由です。
金額が低いほど、△△%に近く、金額が大きければ○○%に近い金利が適用されます。
金利を比較する場合は借りる金額にあった金利で比較するようにしましょう。

 

無利息キャンペーンを行っている会社を探すこと

最近では30日間利息が発生しないキャンペーンなどを行っている会社も多いです。
少しでも返済額を減らすために、キャンペーンをしっかり利用しましょう。

 

CMや広告で名前を聞いたことがある会社を選ぶこと

最近では金融業界も厳しくなりましたが、まだまだ「ヤミ金」と呼ばれる金融はたくさんあります。
「近いから」「人目につかないから」などの理由で、聞いたことのない会社で借りないようにしてください。
最低でも広告、CMなどで聞いたことがある消費者金融から借りるのが安心です。

 

明日申し込んで明日借りたい!本当に即日融資って可能なの?

申し込んだ当日にお金を借りることができるのが「即日融資」です。
最近のキャッシングの即日融資は、スマートフォンやPCと電話で全て完了することが多いです。
その場合、キャッシング用のカードが手元にありませんので、自分の銀行に振込んでもらうことができます。
つまり、「銀行の営業時間内」でないと借りることができないということです。

 

キャッシングができる会社によって営業時間は様々ですが、概ね月〜木の午前中に審査を受けることができれば、即日融資がほぼ可能です。
ただ、書類の不備があると日数がかかってしまいますので、書類だけは入念にチェックが必要です。

 

即日融資のための審査について

キャッシングで即日融資するためには、キャッシング会社の審査に通過する必要があります。
審査内容はほぼどこの会社でも同じです。

・固定収入の有無
・他社の借入れ状況

審査の対象はほぼ上の2点に限られます。
固定収入については、会社員でなくてもアルバイト・主婦・学生でも借りることができる場合があります。
キャッシングをしたい会社のホームページには、審査に通過することができるかどうかを簡単に調べることができる「簡単診断」がありますので、そこで自己診断してみるのが早く借りられるポイントです。

 

即日融資に必要な書類について

書類の不備は時間のロスに繋がります。
気をつけておくのは、免許証の住所に変更がないかどうかです。
変更がある場合は、免許証の裏に新しい住所の記載がありますが、それがない場合は領収書、納税証明などが必要です。
もし、まだ変更していない場合はそれらの書類をそろえるか、免許証の住所変更を行ってください。

 

必要な書類

・免許証などの身分証明(現住所記載のもの)

現住所の記載が免許証と違う場合、以下の書類を用意することで、本人確認書類として認められる場合があります。
・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

お金を借りる時は低金利で借りること

お金を借りる時に重要なのが、金利。
この金利が安く済むかどうかというのは、返済計画を考える上で非常に重要なこと。
急ぎでお金を借りたい時は、ついつい返済のときの金額については後回しになってしまいがちですが、この「低金利」で借りることがどれだけ重要かどうか、実際に計算してみましょう。

100万円を実質年利18.0%の消費者金融で1年間借りた場合

100万円(借りた金額)×0.18(金利)×1(借りた年数)=180,000円

 

100万円を実質年利14.0%の銀行で1年間借りた場合

100万円(借りた金額)×0.14(金利)×1(借りた年数)=140,000円

 

利息だけで、4万円の差が出るんです。
これは、100万円の1年間での利息ですので、100万円を10年で返済した場合は、単純に計算しただけでも40万円の差が出るということなんですね。
いかがですか?低金利でお金を借りるだけでこれだけの金額の差があるので、急ぎであっても金利はしっかり確認しておくべきなんです。

 

低金利っていくらぐらい?

では、低金利とはどれくらいの金利の場合を低金利というのでしょうか?
低金利を知るためには、実際金利はどのように決められているのかを知る必要があります。

法律で決められている上限金利

・10万円未満の場合・・・20%
・10万円以上100万円未満の場合・・・18%
・100万円以上・・・15%

お金を貸す時、この法律で決められた金利を上回る金利を設定することができません。
つまり、この金利よりも低ければ低いほど低金利ということになります。

消費者金融の金利は、ほとんどの場合が18%です。
それに比べて銀行は7%〜14%と銀行によって幅広いですが、平均的に14%前後と言われています。
消費者金融と銀行カードローンでは、銀行の方が圧倒的に低金利です。
時間に余裕がある方は、銀行カードローンをまずは最初に検討してみるといいでしょう。

 

ただし、即日融資を希望している時間に余裕のない方は、消費者金融がスピーディです。
消費者金融は金利が高いので、緊急の時に必要な分だけ借りて早めに返済。普段使いは銀行カードローンにした方がいいですね。

 

消費者金融でも低金利で借りられる?!

消費者金融は業界でも最高金利ですが、その分スピードに自信があるので利用する方も多いです。
ただし、長期間の利用には向いていません。
金利は、借りている期間が長ければ長いほど、その差は顕著です。
消費者金融のような高金利のキャッシングを利用する場合は、早めに返済するのが鉄則です。

 

スピーディに返済すれば、消費者金融でも低金利でお金を借りることができます。
消費者金融で初めて借りる人限定のキャンペーン「無利息キャンペーン」
このキャンペーンは、指定された期間内に返済をすれば利息0円でお金を借りることができるキャンペーン。
すぐに返済できる程度の金額であれば、銀行などの低金利カードローンで借りるよりももっと低金利で借りることが可能です。

 

少しでも低金利で借りたいと思っている方で、すぐに返済できる金額が必要な方は検討してみてくださいね。

 

会社連絡なしでお金を借りることはできる?

今までキャッシングやカードローンで契約をする際、在籍確認は必須項目でした。
しかし、最近ではWEB完結方式での契約も増え、それに伴い在籍確認の電話連絡が書類でOKのところも出てきました。
とはいえ、大手でもまだまだ少ないので、会社連絡なしでお金を借りたい場合は最初に確認しておく必要があります。

 

会社連絡なしで借りる方法

消費者金融 在籍確認
モビット

電話連絡なし

アイフル

要相談

プロミス

条件による

アコム

×

こうしてみていただくと、最初から「会社連絡なし」と言っているのは、モビットのWEB完結のみ
それ以外は、公式サイトなどでは会社連絡は必須項目となっています。
もし、あなたが会社で個人的に電話がかかってくることがありえないような職場だったり、そもそもキャッシングや銀行などでの契約をしていることそのものが業務に差し支えがあったりする場合は、会社連絡をされると困る旨をコールセンターにしっかり説明して確認してみてください。